不動産投資と自宅購入を天秤にかけて考慮

不動産投資と自宅購入を天秤にかけて考慮 不動産投資のために賃貸マンションを購入するのと、自宅用のマンションを購入するときには良く考えた方が良いです。二つの違いは自分が住むか、人に貸すかの違いで自宅を購入すると収入は得られませんが家賃はかかりません。よく家賃を払うよりローン組んで買った方がお得という話もありますが、これは30年後に完済された中古のマンションを持っていることであり、それを家賃を払いながらもキレイな家に住むかの違いです。
購入となると税金や修繕費、リフォームや物件試算価値の増減、頭金の別運用先など色々考える必要があります。
また、住むために新築か中古をリノベーションするか、それとも投資物件を買って賃貸にするかの場合は、どちらの場合でも自分が無料で住むことが出来ないかも考慮することも大切です。家族から不動産投資に関して反対されているときは、まずは自分が住むための中古マンションを購入してから、さらに家族が増えてから買い換えていくことで投資を認められることもあります。他にも最初から1階は自宅、2階は賃貸にする賃貸併用住宅の選択もありますし、合法的に低金利の住宅ローンを使い賃貸経営が出来るので人気も高いです。不動産投資を考えるなら将来的な投資を視野に入れながら中古マンションを購入するのがベストかもしれません。

不動産投資より家を買うほうが得な場合も

不動産投資より家を買うほうが得な場合も 不動産投資を行う際に、自分が住むための家をいつ買うのかを検討しなければなりません。賃貸住宅でも十分と考えている人にとっては関係ありませんが、購入する場合にローンが問題になってきます。不動産投資ローンと住宅ローンは目的が異なるもので、審査の基準にも違いがあります。そのため、手順を間違えると審査に落ちやすくなってしまうため注意しなければなりません。
不動産投資ローンは投資物件を購入する際に使用するローンであり、審査では投資対象の収益性などの評価が重視されます。そのため、既に他の物件を購入するためにローンを組んで借り入れが多い状態でも評価が高ければ審査に通ります。
住宅ローンは自分で住むための家を購入する際に利用するローンであり、審査では収入や借り入れ残高などによる返済能力が重視されます。そのため、安定した収入を得ていたとしても、借り入れ残高が高すぎると審査に通らずに買えなくなる場合があります。不動産投資で借り入れが大きくなる場合は先に家を買った方が良いでしょう。