不動産投資のポイント

不動産投資のポイント 不動産投資には様々なタイプがあり、中にはリートなどのように現物を所有せずに行う方法もあります。一般的には現物を所有する方法が用いられており、中でも広く知られているものがマンション投資です。ここでは1棟ではなく1部屋を購入する方法が行われており、いわゆる区分所有投資が該当します。区分所有による投資はサラリーマンでも手掛けやすい面があり、ある程度投資経験がある人でもリスク分散の観点から利用されています。
部屋による不動産投資の最大のメリットは初期投資額を低く抑えられることです。1棟マンションに比べはるかに安い金額で始めることができ、売却時においても流動性が高いことも魅力になります。また、管理がしやすい点もメリットの1つになり、小規模の区分マンションであればランニングコストを低く抑えることも可能です。
一方、行う際には立地条件が大きく関係することを認識しておく必要があります。立地は家賃収入にあたるインカムゲインはもちろんのこと資産価値にも大きく影響し、例えば、手じまいをする場合に売却を希望したとしても立地が悪ければマイナスに陥る可能性もあります。融資面においても土地評価が無い分、融資が付きにくいという難点もあり、十分なリサーチをした上で投資判断をすることが重要になります。

不動産投資で土地を購入する場合には自分でも住みたいと考える場所を選ぶ

不動産投資で土地を購入する場合には自分でも住みたいと考える場所を選ぶ 史上空前ともいえるようなこの低金利の時代だからこそ、定年後などの将来の資金設計のためにこの際不動産投資をしてみようかと考えている方は少なくないのではないでしょうか。しかし一口に不動産投資といっても一戸建て住宅やマンションなどのさまざまな種類があり、しかも初めてのことであればどこから手を付けたら良いのかと悩む場合もあります。
さて一戸建て住宅にもマンションにもそれぞれ不動産投資をするメリットはありますが、それには賃貸にして収益をあげる必要がとともに年数が経過すれば価値が下がる可能性も否定できません。
ところで更地の土地であればそのような問題が浮上しないだけではなく、いざとなれば古い家屋などが建っている場合より売りやすいものです。またただそのまま寝かせておくということでなしに、駐車場にして収益をあげることも可能です。ただし土地の場合には自分が住みたいと思うような便利な場所でなければ、販売するときに簡単にいきませんので注意しましょう。